モンキースタイル


記事の内容

前へ | 次へ

GD1フィットのフロント異音改善プロジェクト♪
2010/03/15 00:15

通勤快速GD1フィット号ですが、実はフロントからの異音に悩まされています。

症状は、外気温が10℃以下ぐらいの状態で、始動してハンドルを目一杯切って発進すると「ゴト、ゴト」と、タイヤの回転に合わせてかなり大きな異音が毎回出るのです。振動も感じるぐらいです。
これが不思議と、暖かい季節や、寒い時期でも走行後にエンジン等が暖まっている状態であると出ないのです。

ディーラーへ持ち込んで診断してもらいましたが、結果は原因不明。
寒い時期に状況を確実に再現するため、一晩寝かせて朝一での検証を行い、現象がはっきり現れることも再現して確認してもらいましたが残念な回答でした。
ベアリングかなと思っていましたが、シャフトブーツも破れていませんし、ベアリングだとすると常時異音が出るとのことです。
このような症状の場合考えられるのは、ゴムやブッシュ類を1から消去法で確認していくしかないらしい。つまり、手間と時間と金が必要になる。
恐らく一番怪しいのがフロントショックのアッパー側のガタかもとのこと。
ちなみにショックとサスは純正のスポーツキットを入れてるけど関係あるかな?

う〜ん、なんか、迷宮入りの予感です。

自分でも何とか似たような情報を調べようとして、ネットで情報を検索するも、有意な情報にはめぐり合えませんでした。
しかしそんな時、おもしろそうな情報にヒットしました。

それは、AIRWAVE用のリバウンドストップダンパー。

みんカラでは定番のごとく有名で、これをフィットに付けるとなんかいいらしい。
ただし、乗り心地向上に関する情報はあっても異音の情報は無いのだが・・・。

画像
左右の2個を買っても千円でおつりがくるのでやってみることにしました。

画像
左側:純正フィット用。 右側:エアウェイブ用。
厚みが全然違います。乗り心地には良い方向にコレが効くらしい。

画像
フィットの標準の状態です。
コレには意味があるのでしょうが、ボディ側と1センチ程空いています。

画像
エアウェイブ用を取付後。
ボディとダンパー上部が完全密着しました。隙間ゼロです。
異音の原因がダンパーのガタだとすればこれで解消するはずです。

では、取付後の結果報告。
残念ながら全く異音は改善されず・・・。アチャ〜期待はずれでしたToT
またまたこれは完全に迷宮入りのスタートです。
どなたか情報などのアドバイスをコメントいただけると嬉しいのですが・・・。

また、今回の本来の目的とは異なりますが、乗り心地について。
ボディ側とダンパー上部が固定されたことにより剛性感が出ました。
詳しくはフィット特有の軽快さにモッチリ重厚感が加わったと表現しましょう。
しかし、副産物としてハンドルが重たくなりました。
直進走行中やハンドル旋廻後にセンターに戻るのに違和感があるのだ。
なので、100%オススメパーツかといえば個人的にはう〜ん。。。^^;

カテゴリ:クルマ

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン


Powered By FC2ブログ